結婚しても大丈夫と思える女性との3つの相性

 

男性は具体的な想像力に乏しい面がありますが、それでも将来を考え結婚するかどうかの判断をしています。
そこで大切になってくるのが相手との相性です。
今回は、男性が結婚しても大丈夫と思える女性との相性を紹介します。

 

目次
1.金銭感覚
2.嫌いな食べ物の相性
3.友達付き合いへの理解

結婚出来ない14

金銭感覚

結婚生活を送る上で最も大切なことだと言えます。
金銭感覚と一言で表現しても具体的には3つのポイントがあります。

1,育った環境
2,現在の収入
3,貯め方への意識

 

1,育った環境

金銭感覚の土台とも言える部分です。
育った環境があまりに違いすぎると、お金の使い方に大きな差が生まれます。
簡単に見ても、高くても良いものを買うタイプと、少々悪くても安いものを買うタイプがあります。
欲しいと思うものをすぐ買ってしまうタイプと、広告を見て少しでも安いものを選んで買うタイプがあります。

 

2,現在の収入

結婚出来ない16
一般家庭の多くは男性が稼ぎ頭となっています。
そのため、男性の方が高収入であることは問題ありませんが、その逆だと亀裂が生まれやすくなります。
どちらにも非がなくとも、その関係性が壊れてしまうこともしばしばです。

 

「主婦」という言葉は有名ですが「主夫」という言葉がそこまで浸透していないように、男性が低収入で家庭に入ることに対する周囲の理解はあまり得られないようです。

 

3,貯め方への意識

結婚出来ない17
万が一に備えてお金を貯めることが必要です。
しかし、毎月決まった収入の中からどのようにお金を貯めていくのか、その意識や方法に大きな差があると、「ケチだ」とか「無駄使いだ」と感じてしまうことがあります。

 

例えば、「何が何でも3万円は貯金に回す」とするのか、「節約して余ったお金を貯金に回す」とするのかでは意識が大きく異なります。
また、一方が勝手に「将来の子供のために」とお金を貯め始めたのに対し、相手はそういうことをまったく考えていない場合も同様です。

 

嫌いな食べ物の相性

結婚出来ない18
好きな食べ物の相性は大切ですが、それよりももっと大切なものが「嫌いな食べ物の相性」です。
もし好きな食べ物が合わなくても、「今日はあなたの好きな物、明日は私の好きな物」としても毎日楽しく食事ができますが、嫌いな食べ物が出ると食事が食事として成立しなくなるからです。

 

友達付き合いへの理解

結婚をすれば家庭を第一にしなければなりません。
もし子供が産まれたら、その度合いはもっと強くなります。
それでもそれぞれの友達との付き合うというものは残るはずです。
問題は、どの程度の付き合いにしていくかということです。

 

多くの人が独身時代のような友達付き合いはできないでしょう。
月に1回の外出なら認めますか?
週に1回ならどうですか?

 

いかがでしたか?
男性は結婚してからの生活が想像できず、ただ息苦しさを感じていることが多いようです。
どうしても結婚をしたいのであれば、そういう不安を取り除いてあげれば「この人だ!」と決断してくれることでしょう。
結婚をする前にしっかりと確認をしておきましょう。