【デート】支払の行動を男はしっかり見ています。

 

男性は矛盾の生き物です。
そのため、女性に対する建前と本音がはっきりと分かれています。
男性は「チェックするぞ!」と意気込んではいませんが、自然と気にしてしまうことがあります。
今回は、デートにおける支払時の行動チェックについて紹介していきます。

 

目次
1.デートにおける男性の心得
2.男性が望むこと
3.男性が嫌だと思うこと

 

デートにおける男性の心得

デートプランがどうかは別として基本的に男性は女性をリードしたいと思っています。
それは支払いでも同様です。
実行できるかどうかは状況によりますが、「デート代は男が持つもの」だという考えは広く世の男性の心の中に根付いています。

 

男性が望むこと

なぜ男性はデート代を持ちたいと思っているのか・・・
それは女性に感謝されたいから。
それは女性に尊敬してもらいたいから。
男性はそういう女性からの視線や、気持ちを体全身で浴びたいからなのです。
結婚出来ない28
おそらくこの男性の願望は女性も知っている人が多いのではないでしょうか。
これも特に問題はないと思いますが、どうしても男性が許せないことがあります。
それは「デート代は男が持って当たり前」と思っている女性がいることです。

 

結論から言えば、男性も「当たり前」だと思っています。
それでも女性にそうは思ってもらいたくはありません。
「払ってもらって悪いな」
「私のために・・・ありがとう」
そういう気持ちを男性は受け取りたくてデート代を支払っているのです。

 

男性が嫌だと思うこと

こういうことを当たり前だと思っていないことを男性に伝えなければなりません。
そのためには次のことを押さえておきましょう。

1,財布を出してお金を出す
2,先に席を立たない

 

1,財布を出してお金を出す

お金を払うときには「まさか奢ってもらえるなんて・・・」という姿勢を見せてあげましょう。
そのためには、支払時にあなたも支払う行動を取らなければなりません。
実際は男性が支払うことになるでしょうし、何度もデートをした間柄ならそういうパターンだと判断できるでしょう。
結婚出来ない30
それでも支払う素振りくらいはしてください。
そして、それが「素振り」だと悟られないようにしなければなりません。
中途半端にカバンに触れるだけとか、財布を出すだけではなく、お金を出す勢いでいかなければなりません。

 

リアリティを追求する以上、もし男性が支払わないタイプだったら、「授業料」の気持ちであなたが支払い、今後をじっくりと考えると良いでしょう。気になる!!婚活アプリや婚活サイトに登録している女性をどう思ってる?

 

2,先に席を立たない

結婚出来ない29
食事の時などは伝票が机に置かれています。
支払いではこの伝票が必要になります。
もし、あなたが先に席を立ったのに伝票を持とうともしなかったとしたら、奢ってもらう気まんまんという意思表示になってしまいます。

 

こうなるといくらレジで財布を出そうが意味がありません。
そうならないためにも、食事の席では絶対に男性よりも先に席を立ってはいけません。

 

いかがでしたか?
男性はデートの支払いをすべきだと思っていますが、そのときの女性の行動1つで「奢って良かったな」と思えるかどうかが決まります。
そのため、女性がその場でどのような行動を取るのかが大切なポイントとなっています。
わざとらしくなく、支払いの仕草や、その後の感謝をしっかりと伝えるようにしましょう。